ホイアンのカフェ

静けさに満ちた「Reaching Out Teahouse」は、美味しくてセンス抜群のオーガニックカフェ

ホイアンのリーチングアウトティーハウス

ベトナム女一人旅8泊10日。

ホイアンの旧市街地エリアで3泊した間、あまりに気に入りすぎて滞在中3度も訪れたカフェがあります。

静かでかわいくておいしい、最高にお気に入りのカフェ「Reaching Out Teahouse(リーチングアウトティーハウス)」をご紹介します。

静寂をたのしむカフェ、Reaching Out Teahouse

リーチングアウトティーハウスは、日本橋を渡ってホイアン旧市街へ入ったTran Phu(チャンフー)通り沿いにあるカフェ。

ホイアンのリーチングアウトティーハウスこのカフェの最大の特徴は、「静けさ」。

店内にはBGMも、注文のやりとりの声もなく、目の前のチャンフー通りの喧噪さえ遠い世界に感じるような静寂が漂っています。

美しいセラドングリーンの壁に飾られた「The Beauty of Silence(美しき静寂)」の書そのままの静謐な空間。

ホイアンのリーチングアウトティーハウスチャンフー通りに面したソファーにからだを預ければ、からだも心もほぐれていくようなくつろぎの時間がはじまります。

ホイアンのリーチングアウトティーハウス

奥にはおこもり感のある半個室スペース。

ホイアンのリーチングアウトティーハウス

小さな中庭のテーブル&チェアで、涼しい風を感じながらすごすこともできます。

ホイアンのリーチングアウトティーハウス

落ち着いた静けさに満ちた店内は、どこもかわいくシックでほっこりしていて、何とも魅力的な雰囲気です。

ホイアンのリーチングアウトティーハウス

注文は、筆談かハンドサインで

このカフェがここまで静けさに満ちているのには、理由があります。

店内にいるスタッフさんは、実はみなさん聴覚障害をお持ちのかたばかり。

そのため、スタッフさんとは筆談かハンドサインでやりとりすることになります。

注文は、用意されているオーダーシートにえんぴつで記入します。

ホイアンのリーチングアウトティーハウス

「お湯を足してほしい」「お水ください」などのリクエストは、このブロックを指し示して。

ホイアンのリーチングアウトティーハウス素敵な笑顔で対応してくれます。

国産オーガニックティー&コーヒーをたのしむ

わたしがいただいたメニューをご紹介します。

1日目:緑茶 57,000ベトナムドン(約270円)

ホイアンのリーチングアウトティーハウス

2日目:ウーロン茶 68,000ベトナムドン(約340円)

ホイアンのリーチングアウトティーハウス

3日目:ジャスミン茶 68,000ベトナムドン(約340円)

ホイアンのリーチングアウトティーハウスどれもベトナム国産のオーガニックリーフを使用していて、ホイアン散策で歩き疲れたからだに染みわたるおいしさ。

必要であれば、メッセージブロックで「Hot Water(お湯)」をお願いすると、二煎目を楽しむことができます。

Reaching Out Teahouseの大好きなところ3つ

三日も通い詰めてしまったリーチングアウトティーハウスの大好きなところ3つ。

静かでおしゃれでくつろげる空間

繰り返しになりますが、店内はとにかく静謐な空気に満ちています。

時に邪魔になるBGMはなく、大声での注文のやりとりもなく、来店客もみなさんゆったりとした時間のながれを楽しんでいるかたばかり。

おしゃれなインテリア、すてきな食器、そしてスタッフさんたちが着ているナチュラルでかわいらしいアオザイのユニフォームにいたるまで、どこを切り取っても洗練されたセンスにあふれています。

ホイアンのリーチングアウトティーハウス

おいしいオーガニックティー&コーヒー

もともとあまりコーヒーを飲まないわたしは、三日間にわたって三種類のお茶を楽しませてもらいました。

そのどれもが、大切に育てられ丁寧にここまで運ばれてきたことが伝わってくる、すばらしい味わいでした。

そして、いただいた茶葉やコーヒー、クッキーなど、どれも店内で同じものを購入できたのもうれしかった。

ホイアンのリーチングアウトティーハウスひとに差し上げるなら出自のしっかりしたものをと思っているので、自分がほんとうに気に入ったお店のものを持ち帰ることができ、大満足のおみやげにもなりました。

誠実な運営理念

リーチングアウトティーファクトリーのショップカードには、

Local(ローカル)

Handmade(ハンドメイド)

Fair Trade(フェアトレード)

と書かれています。

その三つを見事に体現しているだけでなく、一般的には聴覚「障害」とされる面を、「しずけさ」という価値にこんなにも美しく洗練されたかたちで昇華している。

ほんとうに素晴らしい運営理念だと感じます。

さらに、店内で使用されている食器や茶器、カトラリー類は、身体障害をお持ちの方たちが作っていらっしゃるとのこと。

こちらも、その能力をこんなにも美しいかたちで表現に結び付けているという点に感服しました。

Reaching Out Teahouseへ、ぜひどうぞ!

リーチングアウトティーハウスは、日本橋を渡って旧市街エリアに入ったところにあります。

平日 8:30~21:00

土日 10:00~20:30

あまり電波は強くありませんが、Wi-fiも飛んでいます。

ぜひゆったりくつろぎに訪れてみてください。

わたしは、ここを訪れるためだけでもベトナムを再訪したいです!

 

▼海外旅行、女一人旅などの情報は、こちらからもたくさんお読みいただけます。

にほんブログ村テーマ
女性一人旅(お一人さま)

にほんブログ村テーマ
海外旅行記

にほんブログ村テーマ
ベトナム

にほんブログ村テーマ
旅行情報局

にほんブログ村テーマ
海外旅行に関係すること

▼ブログ村に登録しています。クリックが励みになります。応援ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村