ホイアンのホテル

【ホテルレビュー】アンバンビーチ徒歩5分!「カシューツリーバンガロー」は絶品朝食つき

アンバンビーチ、カシューツリーバンガローの朝食

ベトナム女一人旅8泊10日。

ダナンで二泊したあと、ホイアンのアンバンビーチ近くの宿「Cashew Tree Bungalow(カシューツリーバンガロー)」に二泊しました。

宿泊した感想をまとめます。

「カシューツリーバンガロー」の部屋のようす

カシューツリーバンガローは、いつものようにホテル検索のBooking.comで。

アンバンビーチ近くで、一泊3,000円までぐらいで見つかるといいなと思っていました。

カシューツリーバンガローは一泊約2,600円と予算内だったのと、口コミ評価9.5と世界中の利用者の評価がとても高かったので選んでみました。

ダナンからチャム島へ行く現地ツアーに便乗することで、帰りのバスがカシューツリーバンガロー前まで寄り道しつつ送ってくれて、らくらくチェックイン!

ひとり旅ですが、予約していたのはダブルベッドルーム。

一人用の部屋というものはなかったんですよね。

テレビやミニバー、ミニクローゼットがついており、洗面所とトイレとシャワーブースがコンパクトにまとまっています。

ホイアンアンバンビーチのカシューツリーバンガローの様子もちろん、フリーWi-Fi完備。

浴槽はなくシャワーブースのみですが、スイッチを入れてしばらく置いてから入ったシャワーは最後まできちんとお湯がでてくれ、さっぱりと気持ちがよかったです。

ベッドリネン類は、海の近くでもともと湿気が多い土地柄かほんの少し湿度を感じますが、清潔です。

もちろんエアコン完備。

部屋の前は専用のテラススペースになっていて、日除けがかけられ、テーブルとチェアが置いてあります。
ホイアンアンバンビーチそばカシューツリーバンガロー一面がガラス張りなので、部屋はとても明るいです。

「カシューツリーバンガロー」は、アンバンビーチまで徒歩5分!

カシューツリーバンガローからアンバンビーチまでは、ゆっくりあるいてもせいぜい5分。

目の前の小道を海の方向に一本道で歩いていきます。

ホイアンアンバンビーチへ

道のつきあたりは、もうアンバンビーチ!

ホイアンアンバンビーチ向こうに見えているのは、このサイトでもご紹介しているビーチサイドのおすすめレストラン「Tree Coconuts」

ビーチまでほんとうに近いので、早朝5時半ごろに起きだして、朝焼けのなか砂浜で座ってまったりストレッチ。

ホイアンアンバンビーチの朝焼け

夕ぐれちかくの波打ちぎわを散歩。

ホイアンアンバンビーチの夕暮れとてもゆったり過ごせます。

「カシューツリーバンガロー」の絶品朝食

カシューツリーバンガローではチェックイン時、受付の女性から「朝食は何にする?」と質問されます。

  • ベトナムらしいメインのメニューを1つ
  • フレッシュジュースを1つ
  • ベトナムコーヒーかブラックティー(紅茶)のどちらか

を選択し、朝8時もしくは9時の朝食時間を設定します。

一泊目は、ベトナム中部の汁なし麺「カウラウ」、パッションフルーツジュース、フルーツ盛り合わせ、ベトナムコーヒーでオーダー。

アンバンビーチ、カシューツリーバンガローの朝食カウラウ、野菜たっぷり!

フルーツ盛り合わせもパッションフルーツジュースも、しゃっきり目が覚める!

コーヒーはちょっと苦かった 笑。

二泊目は、牛肉のフォー、レモンジュース、フルーツ盛り合わせ、ブラックティー(紅茶)でオーダー。

ホテルカシューツリーバンガローの朝食牛肉のフォーは、上にミントやトウガラシ、パパイヤのスライスを載せてライムを搾る。

ホテルカシューツリーバンガローの朝食朝から野菜たっぷり!

だいすきなパッションフルーツは、甘酸っぱさが最高!

紅茶は…、ティーバッグでごくふつうの味でした 笑。

わたしは正直、この宿に朝食が付いていたことも忘れていたので、あるだけありがたい!ぐらいにしか思っていなかったのですが…。

ダブルベッドの個室にこの朝食がついて、2,600円ってすごいと思いました!

おいしかった!

「カシューツリーバンガロー」 いいところ&気になる?ところ

わたしは、このお部屋が、おいしい朝食までついてこの値段で宿泊できるというのは凄いことだと思いました。

総合的に見て、とてもコストパフォーマンスのよい宿だと感じます。

最後に、わたしが感じた、カシューツリーバンガローのいいところと、気になる方もいるかもしれないところについてまとめます。

カシューツリーバンガローのいいところ

ビーチまですぐ!

朝食がおいしい!

ひととおりすべてそろった部屋が、朝食付きでたったの2,600円!

若い女性スタッフさんふたり以外は英語は話さず、みんなほとんど身振り手振り状態だったけれど、みんなとても親切であたたかい!

夕日がきれいにみえるスポットの紹介や、おすすめレストラン、ミーソン遺跡へのタクシーの手配など、いろんな情報を提供し、親身に相談に乗ってくれました。

あわせて読みたい
ホイアンThetamarindtreeのビーガンバインミー
アンバンビーチのレストラン「The Tamarind Tree」のビーガンメニューが超おすすめ!ホイアンのアンバンビーチ近くのレストラン「The Tamarind Tree(タマリンドツリー)」は、ビーガンメニューも絶品! お肉を使っていないバインミー、スープ、フライで、お野菜をおいしくいっぱい補給でき、しかも安い! アンバンビーチにお越しの際にはぜひ行ってみてほしい、おすすめレストランです。...
あわせて読みたい
ミーソン遺跡のチャンパ
世界遺産「ミーソン遺跡」への行き方、費用、所要時間、持ち物はコレだ!ベトナム中部の世界遺産「ミーソン遺跡」は、チャンパ王国によるヒンドゥー教の宗教施設。その遺構は、ベトナム戦争の砲撃により大きく傷んでおり、現在修復作業中です。この記事では、世界遺産「ミーソン遺跡」の様子、現地への行きかた、費用、持ち物などについてまとめています。...

カシューツリーバンガローの気になる?ところ

海がちかい土地柄なので仕方ない、湿気がややあります。

⇒ エアコンで室内の空気が冷えれば、あまり感じなくなります。

部屋の前のスペースで朝食をいただく時には蚊取り線香を炊いておいてくれるのですが、どうしても蚊はいます。

⇒ どうしても気になるようでしたら、部屋のなかで朝食をいただくか、荷物に入れて来た虫よけスプレーをしっかり振っておきましょう。

あわせて読みたい
ベトナム旅行に持って行くべきアイテム
不衛生はちょっと…。ベトナム旅行に持っていくべき旅の感染症対策アイテム4つベトナム旅行での食事やトイレは、衛生的にちょっと不安が残ります。そんな時に役に立つ、わたしがベトナム旅行に持って行って良かったと感じたアイテム四つをご紹介しています。これは絶対に持って行ったほうがいいですよ!...

アンバンビーチには、わたしが宿泊したカシューツリーバンガローのほかにもたくさんのホテルがあります。

ぜひ、あなた好みのところを見つけてくださいね!

⇒ Booking.comで、ホテルをチェックしてみる!

▼海外旅行、女一人旅などの情報は、こちらからもたくさんお読みいただけます。

にほんブログ村テーマ
女性一人旅(お一人さま)

にほんブログ村テーマ
海外旅行記

にほんブログ村テーマ
ベトナム

にほんブログ村テーマ
旅行情報局

にほんブログ村テーマ
海外旅行に関係すること

▼ブログ村に登録しています。クリックが励みになります。応援ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村